マーシュとルビー

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 07:32

 

商店街を歩いていると

グレープフルーツが安売りされていて、衝動買いする。

黄色いやつではなく、ルビーと呼ばれるオレンジ色をした皮の方を。

 

なんとなくルビーの方が酸味を抑えられ、

少し甘みもあり、つい手が伸びる。

4等分にして、夏みかんを食べる要領で食べるのだが

酸味のきついやつにあたると、少しつらい。

 

幼い頃は、必ず黄色い方だった。

2等分されたグレープフルーツの上に

母親に砂糖をかけてもらい

銀色で細長い柄の少し先のとがった特別なスプーンで

房の中の実をほじるように食べる。

 

スイカやみかんとは違い

食べ方に上品さがあり

子供ながらに「これが食後のデザートというものか」

少し贅沢な雰囲気を楽しんでいたのを思い出す。

 

「砂糖をかけてたのって、ぼくの家だけかなぁ」

ぼそぼそっと自信なさげな声で訊くと

 

「わたしのとこもそうだったよ。そのままだと酸っぱいし

 同じようなスプーンで食べてたよ」

笑顔で奥さんが言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 07:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM