涼をもとめて (後編)

  • 2016.07.18 Monday
  • 10:46
次に拝観したのは、龍源院で大徳寺の中でも最古の寺です。
趣の異なる枯山水式の庭園を、4箇所設けてあります。

その中でもお目当ては、日本最小の石庭と言われる「東滴壺」
この庭は、方丈の東側で、庫裏との間にあります。
建物に挟まれてできる日影は心地よく、
時折さしこんでくる一筋の光、
庭に沿って流れる風を背に受けながら、ぼーっと眺めました。

一滴の水が滴り落ち、小川となり、大河となり、やがては大海となる様を表している庭で
一滴の大切さ、一滴が大海に繋がっている事を表現されているそうです。

今の自分に置き換えて考えると、
自分というもの、今日という一日、1本の線・・・
当たり前にある小さきものの大切さに改めて気付かされました。

今という一時を、より愛おしく思うようになった時、
重い腰を上げ、あとにしました。



東滴壺

ありふれた日々が輝いてゆく〜♪
そんな素晴らしい1週間に お互いなるといいですね!



















スポンサーサイト

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 10:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM