100年後の喜び

  • 2015.08.11 Tuesday
  • 11:57


なにげない日常の積み重ねが、百年という量りにかけられると、
事柄の持つ色合いが増すことがあります。

下京区にある金光寺で、
百年に1度しか咲かない花「竜舌蘭」の開花を拝見しました。

とぐろを巻いたような葉から天に向かって茎が伸びる様は、
空に飛び立つ龍のようにも見えます。

毎年咲いてもすばらしいなぁと思いますが、
百年に1度と言われると有難さが増し、
その場に立ち会えた幸運に、いつの間にか手を合わせていました。

一方、この場には立ち会えなかったけど、
この一時のために、今まで水をやり、雑草を抜く等
お世話をされていた和尚がいらっしゃったと思うと、
見せて上げたかったなぁと思ったその時、
「これでいい、これが生きるということなんだよ。
ただ当たり前の日常を一所懸命に生きる。
それが、100年後の人達の喜びとなり、そして報われる。」
と教えられたような気がしました。

残念ながら、
次の開花には立ち会えませんが、
100年後の喜びに繋がるような営みを心掛けてみようと思います。

 
竜舌蘭と夏の空















 

スポンサーサイト

  • 2020.09.15 Tuesday
  • 11:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM