憩いの場

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 08:15

 

京都市内の閑静な住宅地で、離れの新築工事を行いました。

 

お仕事を依頼いただいた時
「家族にとって憩いの場と呼べる場所が欲しいんです。
 家族で真剣に取り組んでいる卓球が出来て、
 喫茶店を営む母が友人と談笑やカラオケが出来て、時には町内の寄り合いに使ったり・・・
 これは数年来の家族の夢なんです!!」
ご主人様はしっかり私の目を見て、熱く語られていました。

母屋は明治期に建てられた京町家で、その奥にある敷地の残りを利用して建てる計画でした。
しかし、卓球が出来て談笑が出来るだけでは、竣工後数年もすれば、物置になるかもしれません。
数年来のご家族の夢に相応しい憩いとは、どう在るべきなのか
いろいろな案や可能性をお話しながら、ご家族と共に検討を重ねました。

辿り着いたのは、ここでしか味わえない空気感。
それは、学校や職場でイヤなことがあっても、ここに来れば少し気分が晴れたり、
家族、友人との楽しい時間、時には一人で自分自身と向き合う静かな時間を過ごす。
日常の様々な出来事で生じる感情や想いを全て包み込み
離れを出る頃に活力として投げ返してくれるような。

高さが必要な卓球のサーブ練習から、様々な人間の行為を包み込んでくれるような勾配天井と
ご家族に癒しと落ち着きを与える開口部のほとんどない壁でシンプルな空間構成にしました。
そして、北側空地に向かって一息つきたい時に天を仰げるよう大きな窓を1つ開けました。

しかし、竣工後、空間に身を置いてもどうもしっくりきません。
ぴんと来ないというか、これでいいはずなんだけど、何かが足りません・・・

その数日後、オーダーメイドでオリンピック仕様の卓球台を
施主様、工務店さんと一緒に汗だくになりながら、運び入れました。
卓球台を予定の場所に配置し、ネットが張られた瞬間、空間の空気感がビシッと決まり
そう、やはりこれでよかったんだとようやく安堵出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

故きを温ねて(後編)

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 09:46

 

(前回の続きです)

どういう家にしたいか、どういう暮らしを送りたいかはもちろん大事ですが、

京町家をリノベーションする際は、

もともとどういう経緯で建てられたか、

原型はどうあったかを大切にしています。

それは現代生活のみに全てを合わせて造り替え

本来その町家が持つ良さを殺さないためであります。

 

「もともとは、おそらくこうだったんじゃないですか」

という僕の問いかけに答えられる方といえば、お母様です。

お母さまにも打ち合わせに参加頂き、

お若い二人に昔話の読み聞かせをするように当時のことや

現在に至るまでの改修履歴を

時には、亡くなられたお父様や義祖父の思い出をお話し頂くと

「そうやったん。だからこうなっているんか!」

今まで以上にご自宅への理解が深まり、

「ここはこのまま残しておこう。でもここは使い勝手も悪いから・・・」

ご夫婦で残す部分の判断ができるようになられました。

 

ご家族それぞれの方が持つ不満はいろいろありましたが、

三人の共通意見としてあったのは、

日中でも家の中が電気をつけないといけないぐらい暗いことでした。

また2階の真ん中の部屋には窓もありません。

しかし、空間の構成や格子の付いた窓は、

そのまま活かすことに決まりましたので、入ってくる光の量は変わりません。

 

そこで、入ってきた光を遮るような間仕切り壁や建具を取り除き、

より開放的な空間をとりました。

家中を風が通り抜け、それぞれの方の気配が家の隅々に届くように。

そして、2階の窓のない部屋と階段にまたがるように

大きな天窓を1つ設けました。

部屋を均一に照らすというよりは、

生きる力を後押しするような力強い光を求めて。

 

打ち合わせを定期的に行い、

お知り合いになって1年半という時を経て竣工しました。

 

竣工して1か月が過ぎた頃に立ち寄ると

ダイニングにレトロなペンダントライトが釣られていました。

「かわいいですね。奥様が選ばれたのですか」

「これは主人なんです。

この家にはこういうのが似合うって勝手に買って来たんです・・」

「そういえば、最初の頃のご主人って、

嫁にすべて任せていますからって言っていましたよね()

「そうですよね!ほんとうそう、そう言ってた。

その割に、けっこう自分の好み押してきていましたよね!()

でも、・・・・・これで良かったと思います。

私もこの家、気に入っているし。・・・

大事に引き継いでいこうって思っていますから!」

奥様は、今までの事を振り返りながら

そしてこれからの近い未来を想像しながらお話しされているようでした。

 

帰り際、

「いい家になったから、この際、庭もきれいにしようと思って。

知り合いの庭師さんと相談しようと思っているし、出来上がったらまた呼ぶわ」

とお母様にお声掛け頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故きを温ねて(中編)

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 06:33

 

(前回のつづきです)

ご主人様がお昼休憩に戻ってこられました。

ご挨拶をした後、奥様から今までの話をご説明頂く中、

所々補足説明していると、自身の鼓動が少し早くなっているのに気づきました。

それは、ご主人への緊張感よりは、

もし、「ガラッと変えたいんですけど」って言われたら、

自分はどうするんだろう・・・

もちろんガラッと変える事ができないわけではありませんが、

引き受けるべきなのか、この場でお断りすべきなのか・・・

自身の心に問いかけていると、

 

「そらぁ、良いところを残して、直すやり方の方が絶対いいと思う。

もともとうちのおじいさんは、○○で仕事していて、ここに移ってきたんです。

そういうこととか、忘れたくない事もこの家にはいろいろあるし。

僕は、はじめからそういうやり方がいいって思っていた!」

ご主人様がおっしゃると奥様は、

「それなら、そうとなんで今まで言ってくれへんかったん()

 

僕は、計画の方向性に安堵し、

ご夫婦の仲睦まじい会話の行方を見守っていると

「家のことは奥さんに任せていますし、僕はなんでもいいんで、

奥さんの気に入るような家にしてあげて下さい。」

ご主人様に頼まれました。

 

帰り道、今日の話を振り返ると、

お母様とご主人様の言動が気になりました。

初対面で言いたいことが言えないというよりは、

僕とお会いするまでに

いろいろな話し合いがあった結果なのかもしれません。

お母さま、ご主人様が遠慮することなく、

希望や気になることを気軽に話して頂ける空気感が、

まずは必要なのでしょう

そして、各々の考えに〇×をつけるのではなく、

それらを超えた答えに導き、

同じような心持ちで

新しい暮らしを迎えて頂けたらと思いました。(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故きを温ねて (前編)

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 06:35

 

閑静な住宅地に建つ大正期の京町家をリノベーションしました。

お施主様は、お母様とご夫婦、二人のお子様です。

 

初めてお会いした時、

 

家づくりって本当に難しいですよね・・

以前お話しした方は、床の間を壊してそこにお風呂を作って、

今ある水廻りには畳を敷いて、庭を眺めましょう!

外観の格子も古臭いから、アルミサッシにして・・・って言われて。

代々住んできたお家のことをそんな風に言われて、お母さんも怒るし・・・

でも、もう一人、お聞きした人にも同じようなことを言われて、

とにかくガラッと変えましょうって。

プロの方が言ってるし、そういうものなのかなぁと思っても、

いまいちピンとこなくて・・・

どうするのが正しいのかわからなくなった時に

近所のUさん家を思い出して紹介してもらったわけなんです。」

奥様は、自身の気持ちを整理するように

淡々と今までの経緯をお話ししてくれました。

 

「この子らが引き継いでいく家やから、

私は口出しするつもりはないんですけど・・でもねえ・・・

まぁ若い子達に任せてますから。」

お母さまは一言付け加え、離れのお部屋に戻られました。

 

表構えより、大正後期か昭和初期の町家であることは一目瞭然で、

細部に至るこだわりをみると、それなりの方が建てたと容易に想像できます。

内部は、生活しやすいように改装されている部分もありましたが、

火袋や座敷、床構えは建てられた当時の趣が残っていました。

 

「どうして、ガラッと変えましょうとなるのかは僕にはわかりかねますが

京町家をさわるときは、どんな良さがあるかをまず掴まれた方がいいですよ。

そして、建物の持つ由緒や特徴を理解した上でどうするかを考えます。

それは、自分たちがこういう暮らしを送りたいという希望を大事にしながら、

この町家をいかによりよく活かすかということです。

みくもにその時の流行を追いかけてガラッと変えた後に

本来持つ良さに気づいても遅いですから。」

自分が気づいたこの町家の魅力を1つずつお話しする中で、

まずは、住み慣れて気づかない良さを再確認頂きました。

 

そして、その良さを残しながら、

不便に思われている点等 現代生活に合わせて改装するのをお勧めすると、

「そんなことが本当にできるんですか!出来るんなら、その方がいいかも。

お母さんも納得してくれると思うし・・・」

奥様のお話途中にご主人様が帰宅されました。(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじいさんのソファ

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 09:23

 

お家の中をご主人様に案内頂きながら、

現在の住み方をお聞きしていた時に2階の縁側に差し掛かりました。

その時、うん・・・?

足裏から伝わってくる違和感を頼りに周囲を確認すると、

床が途中から折れるように傾いており、

元々の位置から45センチほど奥行きを足されていたことに気づきました。

 

「もともとの縁は、この辺りまでだったと思うんですけど?」お聞きすると

「そうなんです。おじいちゃんがこのソファを気に入ったと言って買ってきたら、

大きすぎて縁側に置けなくて。だからソファが入るように縁を延ばしたんです。」

「少し無理やりな感じなので、今回は元の位置に戻してもいいですか?」と尋ねると

「全然いいですよ。住んでても気づかなかったなぁ。

でも、このソファは、どこかで使いたいんですよ。まだまだ綺麗やし。

母や嫁には、古臭いから捨てろっていわれるんやけど。僕、けっこうおじいちゃん子で。

両親は共働きだったし、おじいちゃんにいろいろご飯とか連れて行ってもらったりもして・・・」

 

ご主人様の大切にしたいのは、

おじいさまとの思い出や勿体ないという気持ちだけではなさそうです。

なにもかも新しくなってしまって

これまでの軌跡が消えてなくなるような恐れも感じられていたのでしょう。

 

古きものを大切にしながら、新しきものをちょっと加えて、

今までとは違うこれからの暮らしへ舵をきりました。

「新しくなった家にマッチするんやったらいいけど・・・」

奥様にも渋々了解を頂きながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届けたいこの光を

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 09:24

 

昨年の7月に着工した現場があります。

竣工前の様子を眺めながら、

間取りや構成の大きな話からハンガーパイプの高さといった小さな話まで

今の形になった経緯を思い出していた時、

施主は結局、何を求めていたのだろうと今更ながら考えました。

 

それは、きれいにして快適な新生活を送りたいというのではなく、

より根源的な望みは、なんだったんだろう。

打ち合わせを重ね様々な質問に答えながら、

僕は何を届けたかったんだろうと。

 

2階へ上がろうとした時に、一筋の光が差し込んでいました。

新しく設けた天窓から。

 

それは、単に部屋をより均一に明るくする光ではなく、

閉塞した何か打ち破るような力強い光。

角度や強さを変えながら季節の変化を届けるだけではなく、

日々の暮らしの中で、生きる力を与えてくれそうな光。

時には、立ち止まって眺めさせるぐらい神聖な光。

 

そう、きっとこれを届けたかったんだ

 

より心豊かになる暮らしへ導く光を

輝かしい未来に向けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽と月と(後編)

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 08:46

 

 (前回のつづきです)

洗濯機の行き先に合わせてキッチンの位置も検討している時に

「今ある造りつけの食器棚がなかったら、部屋が広く感じると思いません・・・?」

「新しいキッチンの前の窓は、ばっと大きく開いたら気持ちいかな?」

ご夫婦からそのようなご意見をお聞きしました。

冬の寒さを和らげたいと同時に、

開放感のようなものを求められていることに気づきました。

 

そこで、冬の寒さを和らげること、洗濯機を屋内に設置する事、

そしてより開放的な空間で四季の移ろいを感じながら心地よく暮らしていただくには

その3点をを検討しました。

 

冬の寒さを和らげるのに、床下に断熱材を充填したり、

足触りのいい針葉樹の無垢のフローリングを敷くことにしました。

 

しかし、それだけでは、十分とは言えません。

日中の冬の寒さを和らげるのに、太陽の光を部屋にどう招き入れるか?

その検討は、春夏秋を心地よく暮らして頂くことにも繋がります。

 

南側には3階建が建っていて直射日光を入れるのは難しいかもしれませんが、

間接光を求めてより大きくより高い位置に、

キッチンの前は、冬の西日が部屋の奥まで届いてほしいと願いを込めて

3か所の窓のサイズと取り付け位置を変えました。

 

現場で窓の高さや取りついた感覚を確かめようとしますが、

足場のシートがあり、よくわからないなぁと思っていると、お施主様が来られて、

「あっ、このキッチンの窓、この位置やったらきっとお月さんが見えるんじゃない?

いつもは外に出ないと見えなかったけど。絶対、見えるって!!」

奥様がご主人におっしゃられていたのをお聞きした時に

これでよかったんだなと安堵しました。

 

太陽と月と共に暮らす新しい生活が、始まります!

 

 

after  

 

 

before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽と月と(前編)

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 09:31

 

「冬の寒さが厳しいので、リビングとダイニングキッチンを床暖房にしたい。

洗濯機が屋外なので、家の中に入れたい」

60代のご夫婦から相談を受けました。

 

数年前、引越して来られる際にリフォームされています。

「限られたスペースの中で、リビングと

ダイニングキッチンのスペースをそれぞれ確保しました!」

空間から伝わってくると同時に閉塞感のようなものが漂っていました。

 

南面に配置されたキッチンのシンクと吊戸棚との間の窓の高さが低いからか、

リビングスペースにある南面の出窓が小さいからか、

空間に対する窓のサイズと配置が気になりました。

 

もちろん今の状況のまま床暖房にして、

リビングかダイニングキッチンのいずれかに洗濯機を置ければ、

要望を満たすことになりますが、それではお施主様は幸せにはなりません。

 

要望は建築を考えるきっかけにすぎず、

その要望の向こう側に叶えるべき問いが隠れているからです。

今よりも冬の寒さをやわらげ、

春夏秋も心地よく暮らしていただくには、どうすればいいのだろう。(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川の流れのように

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 13:27

 

上流から下流へ川が流れるように

肩の力を抜いた

自然な流れに沿った建築をできないかなと考えます。

 

直角三角形の敷地を購入するかどうか

悩まれている方がいらっしゃいました。

敷地は二本の道路に挟まれた変形地ですが

立地をすごく気に入られていました。

 

斜辺側を有効利用するために、

カクカクと細かく角を設けるようなプランも

検討されていましたが、どうも上手くいきません。

 

ひととおりお話を聞いた後に

 

「敷地に沿った台形の形では、だめなのですか?」

お尋ねすると、

 

すかさず、

「斜めの壁面が、使いようないんとちゃう?」

おっしゃられたので

 

入口から奥へ行くにしたがって、空間が広がります。

 斜辺の壁は、空間に変化を

 そして社員の方や来客者の心にゆとりを

 きっともたらすと思います。

 検討されては、いかがでしょうか?」

 

それから数か月後

 

「事務所から川も見えるし

 なんかゆったりして、気に入ってるで!

 これで正解やった!!」

 笑顔でおっしゃられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮暮らしの (後編)

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 15:50

 

(前回のつづきです)

私らは大丈夫だけど、佐野さんは気をつけないと頭を打つね(笑)

でも、1軒の家の中で出入り口の高さが違うっておかしくない?

 

もしかして私達、失敗した? そんな雰囲気で奥様に聞かれましたので

 

この襖の高さこそが、H様らしさだと思います。

長年、京町家に暮らしてきたH様には当たり前の高さです。

現代の既製品と比べると低めですが、

この高さと襖が、リビングに少し和の雰囲気を出しています。

もし、既製品で統一していたら、統一感は出ても、

H様好みにはならなかったかもしれませんよ。

 

そうよね。

うん、洋風一色よりも

っぱりちょっと「和」の感じのある方が落ち着くし、好きなんです。

お仏壇も置くし、これでよかった!

 

明日の引越、頑張らないと!!

ご主人の方を見ながら、笑顔でおっしゃられていました。

 

出入り口の高さひとつで、そのご家族らしさが出ることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM