コシノヒロコさん旧邸

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 07:10

 

テレビや雑誌で紹介されるお家を見るときは

こういう家で過ごしたら、自分はいったいどんな人間になるだろうかと想像します。

 

コシノヒロコさん旧邸のKHギャラリー芦屋を見学しました。

安藤忠雄さんの設計で、1981年竣工、84年増築、

ギャラリーとして使うに当たり改築されていると思われますが、

建築当時や増築時の空間構成や意匠も残っています。

 

『住宅』(安藤忠雄著)の中で

「快適な生活からはどんなに離脱していたとしても、

安藤さんの建築空間はファッションデザイナーとしての私に必要なものでした。

冬には家の中でもスキーウエアで過ごさざるを得ない環境でしたが、

あの空間に身を置くことは、感性を研ぎ澄まし、デザインを生み出す活力でもあったのです。」

コシノヒロコさんは、おっしゃられています。

 

写真で見た時よりも実際の空間は、

大きすぎず小さすぎず、親近感を覚えるスケール感でした。

包み込むような安心感と静寂さがここにはあり、

そこに本能を刺激するかのように空から一筋の光が差し込んできます。

 

安藤さんの建築は、

コンクリート打ち放しによる表現方法のみに注目されがちですが

多様化する現代社会においても

心の奥底で人が住まいに求め続ける根源のようなものがここにあり、

これこそが安藤建築の魅力なんだと実感しました。

 

こういう家に住んだら、自分はどういう人間になれるのだろうか

想像を楽しみながら、帰路につきました。

 

 

KH GALLERY:http://www.kh-gallery.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶の心(後編)

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 08:47

 

(前回のつづきです)

受付を済ませ、導かれるように奥の方へ進む。

襖の向こうの世界に期待を膨らませながら

そーろと襖を開けると、

座敷、庭、そして庭の向こうにある景色が広がっていた。

一気に胸の鼓動が早くなり、

大きな声を出したくなるぐらいの感動。

 

「どうぞお好きなようにおくつろぎください」

と言われんばかりに

座敷をぐるぐる廻りながら眺めた後、

縁に出て遠くの景色に目をやりながら、ぼーっとする。

次に庭へ出て、飛び石を歩き、

白砂の大地と青い空との間に身を置き、天を仰ぐ。

 

心がほぐされていくのを感じる。

 

書院の奥にある2つのお茶室をじっくり拝見した後、

廊下沿いにある腰掛で休憩していると、

小鳥の声、風で揺れる木々の声、

ここで働く人々の笑い声が、遠くの方から聞こえてくる。

 

ここ、何時間でも居れる。

 

最後に庭を見ながらお抹茶を頂く。

女性の方が運んでこられるのを合図に正座をし

「作法とか知らないんですけど・・」と言うと、

「どうぞ楽になさっていただいて、お好きなように召し上がってください」

と言われ、すぐに足を崩す。

 

松を見ながら一口頂く。

少し熱めのお抹茶。

一口ずつ頂くたびに心が徐々に落ち着いていくのがわかる。

日常で付いた心の垢が取れていき

もともとの無垢な自分に戻るような自然体の心持ち

 

これがお茶というものかと感心する。

 

客人を思い、考え抜かれた末に辿り着いた簡素な造りの空間と一服のお茶が、

もともとの清らかさと安心感を思い出させてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶の心(前編)

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 08:43

 

久しぶりの休日に、奈良にある慈光院に行く。

行ったことのないところに行くというのは、自然と心が躍る。

駅について、次のバスまで30分余り。

それだけ待つぐらいならと大雑把な地図を頼りに歩いて目指す・・・

時折、地図にはない工場やゴルフ場沿いを歩くが、

大雑把な地図だから載っていないのだろうと気にせず歩いていると

知らない駅を見つけて、地図に目をやる。

完全に別方向に歩いていたのだ。

急いで駅に戻る。往復1時間歩いた。

次は素直にバスに乗る。

 

難なく、慈光院一ノ門へ辿り着いた時、

この建物を見るには、自分の心が気負いすぎていたのかもしれないな

自身を慰めながら、門と対峙する。

柱、梁に対する屋根のサイズ、開口部と壁面、

門を構成するそれぞれの部材の絶妙なバランスと

直線で造られたスキのない美しさ 

 

奥で待ち受ける茶室や書院への期待が膨らむと同時に襟を正したくなった。

 

これから片桐石州と対面するような

やや緊張感を持ち、門を潜る。

 

「どうぞ奥へ」

年少の僧に案内されているかのように

こもれ日のさす参道を

通り抜けていく風や小鳥の鳴き声を味わい愛でながら

一足ごと何かを確かめるように歩いた。

 

臨済宗大徳寺派 慈光院 一ノ門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木大拙館

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 19:23

 

思いが形を創ります。

より良い思いを持てるよう

自分らしさを保てるよう

日々さまざまな本を読んでいます。

 

その中に、「禅」を海外に広めた仏教哲学者・鈴木大拙さんの本もあり、

金沢にある「鈴木大拙館」に行きました。

 

記念館は、大通りから少し離れた閑静な住宅街の一角に佇むように建てられていました。

車の音は無く、青い空を旋回するトンビや小鳥の鳴き声が聞こえます。

入場する前に建物を囲むように配した「水鏡の庭」そばに腰をかけ、じっくり眺めました。

 

周囲の自然環境と建物と庭の調和が創り出す静けさは心地よく、

心の波を穏やかにしてくれます。

溜まっていた余計な考えは一つ一つ消え、

いつしか、

自分自身も傍の木々や石ころと同じものとして在るかのような

一体感を味わっていると、

 

我に返るのを教えるように

水庭の方で、ぼわっと音がし、

何重もの水紋が、すーと池の表面に広がっていきました。

 

その有様を見て

 心の準備が整いましたと言わんばかりに重い腰を上げ、入場しました

 

鈴木大拙館:http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトデーの贈り物

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 07:57
ホワイトデーのお返しをどうしようかと考えていた時、ある建物を思い出す。
独創的な才能のある藤森照信さんが設計したラ コリーナ近江八幡!
藤森さんの建築を体感したい気持ちを抑える事はできず、
ホワイトデーの為に!を口実に、思い切って行った。

背景にある山々と調和したメインショップと対峙した時、
言葉では言い表せない感情が湧く。
奇抜なものが放つ刺激ではなく、
不思議さであり、なぜか懐かしくもあり、親しみを感じる。
そして、この砦の向こうに繰り広げられている世界は、いったい・・・
ワクワク感も湧いてくる。

お目当ての品を買い、奥に出ると、
水田と大きな空、そして、山々が迎えてくれた。
焼きたてのバームクーヘンをほおばり、
ホットコーヒーを飲みながら、ぼーっとするひととき。

商品を買うための場所なのに、
どうして、ここはこんなに心地いいのだろう?

水田の廻りを歩く親子連れ、ベンチに座ってその様子を眺める老夫婦・・・
それぞれの方が自分なりにその時を楽しんでいる風景

それは、1つの村の営みを見ているような感覚で、
いつの間にか、自分も ラ コリーナ人として解放感に浸っていた。

春・夏・秋・冬
それぞれの季節のときに また来たいなと思う。
これからは、里帰りの気分で!



ラコリーナ近江八幡 http://taneya.jp/la_collina/













































ありのままの心で (後編)

  • 2016.06.07 Tuesday
  • 08:03
大河内山荘庭園は、
名優大河内傅次郎氏が昭和6年(34歳)から64歳で逝去されるまで
30年かけて創り上げた庭園です。
いくつかある建物の用途や装いに合わせた庭があり、
道の幅や仕上げ、趣を少しずつ変えながら、それぞれの場へ導いてくれます。
道中にある木々や石、時には、借景としている山々や遠景をも楽しみながら、ゆっくり巡りました。

雄大な山々や空に包まれるような大きな安心感の下、
ここはあえて道幅を狭くして・・・
ここで休憩して・・・
時には自身と向き合い、ゆっくり考えたい・・・
といった大河内氏の想いが、ひしひしと伝わってきました。

それは、きっと、
庭づくりを通じて、
ありのままの自分が何に喜びを見出すか?自分とは?
といった澱みのなくなるまで、自身との対話を続けたからこそ、
この庭に、ありのままの大河内さんが表れているのでしょう。

周囲の目を憶することなく
澱みのないありのままの心持ちで
家づくりに取り組み続けようと思います。


きっと、ここ、お気に入りの休憩場所・・?

今週もお互い素晴らしい1週間になりますよう!

























ありのままの心で (前編)

  • 2016.05.31 Tuesday
  • 16:34
嵐山にある大河内山荘庭園を見学しました。

駅から徒歩で向かう途中に有名な竹林があります。

人の手によって手入れされていると思いますが、

竹が竹らしく、より高く伸びようとする一群から静かに発せられる
飾らない、ありのままの持つ力に惹きつけられ、
時折立ち止まっては眺め、また1歩進むと・・・

往来の人の多さも気にすることなく、
自分の心が次第に澄んでいくのがわかります。

大河内さんもこの道を気に入って、此の地に決めたのかな?

時折、そんな事も頭の片隅で考えながら
竹林を通りぬけ、山荘庭園の入口についた時には、

見学を意気込んでいた心も
いつしか自然体の自分、自宅に帰ってきたような穏やかな心持となり、
鑑賞する心の準備を整えられました。(つづく)



今週もお互い素晴らしい一週間になりますよう!















楽しみのひとつ

  • 2015.04.28 Tuesday
  • 07:30


打ち合わせで訪れた地域で、気になる場所を見学するのが
いつの間にか楽しみの一つになってきた。

構造設計事務所との打ち合せが予定より早く終わり、
近隣にあった隨心院門跡を見学する。

庫裏、大玄関、表書院、本堂、奥書院といった建物を廊下でつなぐ構成で、
建物から建物へ移動する際に様々な趣のある庭が心を静める。

皇族や貴族が住職を務める門跡寺院だからか?

ゆったりとした空間と庭との関係が優雅な空気感を漂わせる。

気持ちいいなと感じた所で腰をおろし、ただ庭をみる。
車の音は無く、鶯が鳴き、
風が吹くと木々が緩やかに揺れ、新緑の香りを届けてくれる。

何かを考える事もなく、ただ見つめる一時・・・

そういえば、どうして今ここにいるのだろう?と我に返った時、
午後からの打ち合わせを思いだし、重い腰を上げる事にする。



隨心院門跡:http://www.zuishinin.or.jp/



















大人の寄り道

  • 2015.04.21 Tuesday
  • 08:02


鞍馬寺にやって来たが、
山門手前より右へ伸びる道の方をみると民家が目に留まり、
1歩、また1歩、そちらの方へ足が向き、
いつの間にか、街道沿いに建つ町家を見ながらあてもなく進む。

市中でみかける町家との共通点を見つけると、
さまざまな物が街道を通じて伝わっていたんだなと実感する。
こちらの格子のピッチは少し荒めなのか、
往来の人の目線を遮るよりも採光重視なのかな?
旅人気分で自問自答しながら歩いていると、
1軒の家の前で、立ち止まる。

屋号「匠斎」(国重要文化財瀧澤家住宅)
宝暦10年(1760年)に建てられた家で、
元々は、炭問屋だったらしい。
お休みだったので残念ながら、中には入れなかったけど、
新たな発見に心が弾み、
このまま一山越えてみるか!といった思いも浮んだが、
きりのいいところで、本命の鞍馬寺へ引き返す。

大人の寄り道は、
中年男に少年の頃の冒険心を思い出させてくれた。




瀧澤家住宅
































涅槃の言葉に魅せられて

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 07:05


幾何学模様に天体をちりばめた1枚のポスター。
「涅槃」という言葉の響きに魅せられて、
『横尾忠則大涅槃展』を見ました。

入滅する釈迦から裸婦まで「涅槃」ポーズを集める事で、
崇高な物と通俗的な物、生きることと死ぬことを
対立的に捉えるのではなく、
表裏一体の近しい関係として捉える姿勢が、
横尾氏の作品の特徴だそうです。

ポスターになった絵を眺めていると
どうしてこうなんだろうという
疑問の一つ一つが湧いては消えていく中、
いつの間にか何も考えない穏やかな気持ちになりました。

これが涅槃の気持ちかどうかわかりませんが
いつの日か、僕にもわかる時がくるのでしょう。

あの頃は大変だったけど、楽しかったなぁと
絵の中の動物たちと懐かしむ日々を目指して、
今、生ききることに努めてみようと思います。


横尾忠則現代美術館:http://www.ytmoca.jp/
























 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM