憩いの場

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 08:15

 

京都市内の閑静な住宅地で、離れの新築工事を行いました。

 

お仕事を依頼いただいた時
「家族にとって憩いの場と呼べる場所が欲しいんです。
 家族で真剣に取り組んでいる卓球が出来て、
 喫茶店を営む母が友人と談笑やカラオケが出来て、時には町内の寄り合いに使ったり・・・
 これは数年来の家族の夢なんです!!」
ご主人様はしっかり私の目を見て、熱く語られていました。

母屋は明治期に建てられた京町家で、その奥にある敷地の残りを利用して建てる計画でした。
しかし、卓球が出来て談笑が出来るだけでは、竣工後数年もすれば、物置になるかもしれません。
数年来のご家族の夢に相応しい憩いとは、どう在るべきなのか
いろいろな案や可能性をお話しながら、ご家族と共に検討を重ねました。

辿り着いたのは、ここでしか味わえない空気感。
それは、学校や職場でイヤなことがあっても、ここに来れば少し気分が晴れたり、
家族、友人との楽しい時間、時には一人で自分自身と向き合う静かな時間を過ごす。
日常の様々な出来事で生じる感情や想いを全て包み込み
離れを出る頃に活力として投げ返してくれるような。

高さが必要な卓球のサーブ練習から、様々な人間の行為を包み込んでくれるような勾配天井と
ご家族に癒しと落ち着きを与える開口部のほとんどない壁でシンプルな空間構成にしました。
そして、北側空地に向かって一息つきたい時に天を仰げるよう大きな窓を1つ開けました。

しかし、竣工後、空間に身を置いてもどうもしっくりきません。
ぴんと来ないというか、これでいいはずなんだけど、何かが足りません・・・

その数日後、オーダーメイドでオリンピック仕様の卓球台を
施主様、工務店さんと一緒に汗だくになりながら、運び入れました。
卓球台を予定の場所に配置し、ネットが張られた瞬間、空間の空気感がビシッと決まり
そう、やはりこれでよかったんだとようやく安堵出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

元々思い描いたゴールではないけれど

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 07:14

 

お知り合いになってから竣工までは、

工事の規模にもよりますが、1年〜2年半ほどかかります。

その間、お施主様のお考えの変化や自身の成長もありますので、

辿り着く先は、もともと思い描いかれていたゴールでは決してありません。

 

ご提案した時には却下された案も

数か月共に検討を続けているうちに、

「こういう事が出来ませんか?」

と見た事すら忘れられた以前の案に戻ることもあります。

 

客観的にみると

すごく遠回りしているように見える方もいらっしゃると思いますが、

決してそうではありません。

お施主様が、その案を受け入れるためには、

それだけの時間とそれ以外の検討が必要であったに過ぎないのです。

 

夢見ていたゴールではなく、

当初の要望からも方向性が違っていても、

竣工時のお施主様の表情は、皆様穏やかです。

待ちに待った家が手に入った喜びも勿論ありますが、

家づくりを通じて、様々な想いと向き合い、

時には余分な想いを削り落としていく中で、

本来ご自身に備わっている大切な光の玉のような部分が、

そのまま表情ににじみ出てきているからでしょう。

 

本来の自身と家族の純粋な想いが形になったお気に入りの家

準備は整いました。

さぁ、いよいよ

自分達らしい新しい暮らしが、始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在るべき姿で

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 07:07

 

出来上がった離れの外観を

隣地のコインパーキングから眺めていると、

お施主様のお母様が来られて

「私、この感じ気にいっているよ。

窓の感じもなんかええし、塀もおうてると思うし・・」

しばらくの間、一緒に眺めていました。

 

明治後期に建てられた母屋の付属家として建てた離れ。

当時書かれた小説の続編を現代に書くような心持ちで取り組んでいました。

 

自身の余分な想いは一切消し、

ただ母屋との繋がりと現代に生きる施主の想いが

そこはかとなくにじみ出てくるようなかたちとして在るにはと問い続け、

施主との会話に沿って、

粘土の塊をヘラでそぎ落としていくように創りました。

 

個性的な今風の感じでもないし、

当時の町家の意匠そのままでもなく

特徴らしきものはないけれど

もともとここに在ったような佇まいに

これでよかったんだろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春だから

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 08:48

 

馴染みの靴屋さんに行くと

「ご無沙汰しています。やっぱり春だから来てくれたんですか?」

「春だから?」

「新しい靴で新学期や新年度を迎えたいという方、意外と多いんですよ!」

 

そういう節目のようなものは、僕にはないので

久しく気にもしなかったけど、

ただ新しい世界へ行きたい気持ちだけはあった。

サッカー選手が移籍して、

新しいチームメートとプレイするような。

 

きっと真っ白な気持ちがほしかったんだと思う。

また一からスタートみたいな新鮮さ。

 

店員さんに上手く乗せられたわけではないけれど

仕事用とスニーカーを1足ずつ購入し、店を出る。

新しい世界を目指して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を建てるときに これだけは・・・

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 20:56

 

初めてお会いする方に

「打ち合わせは、お施主様のご自宅で行います。」

と言うのは、少々勇気が要ります。

設計事務所っぽくないかなと思って。

事務所にいて、「はい次の方〜」みたいな

奥から僕が出てくるイメージをお持ちの方もいらっしゃいますので。

 

どうして、ご自宅で打ち合わせを行うかというと、

自分達らしい家づくりの答えは、

お施主様の心の中と日々の生活状況にあると思うからです。

 

お施主様の暮らし型を拝見しながら、

どうして・・・なんです?素朴な疑問が湧き、

だからこうしたいのかと共感し、

こういうところが素敵ですよねいった第3者の気づきを交えながら、

同じ空気感に身を置く回数が増えてくると、

こうしたほうが喜ばれるかな、この方がこの方好みか・・

これぐらいの冒険は受け入れてくれそう等々

自然とわかるようになるからです。

 

例えば家事動線が短い方がいいという方もいらっしゃれば、

日々の暮らしにこんな感動が味わえるのならと

あえて不便な方を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

家を建てる時にこれだけは絶対守らないと!ということは、ありません。

強いてあげるとすれば、

「住まい手の数だけ暮らし型があり、

条件はそれぞれ異なり、絶対的な型はない」

ということを忘れないことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランベリーの実がなる頃に

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 07:51

 

昨夏に竣工したお家に寄りました。

初めての冬をご家族がどのようにお過ごしか知りたくて。

 

お家の中を奥様にご案内頂きながら

「床暖使い始めたら、下の子がここに寝るようになって・・・

娘は、友達とバレンタインチョコを作るって言っているんです。

絶対、キッチン汚れますよね・・・(笑)

夏はロフトに居た主人も最近は、

ここ(セカンドリビング)の方がいいみたいで・・・

義母もウオークインクローゼットが出来て、良くなったといっていましたよ。」

 

季節ごと、ご家族それぞれに心地いい場所を見つけ

楽しく過ごしている様子をお聞き出来て安堵しました。

これで良かったんだなぁと。

 

珈琲を頂きながら、お子様のお受験やいろいろなお話をお聞きしていた時、

ふと中庭を見ると、植栽が変わっている気がして、

「あれ、お庭を直されたのですか?」

「義母が、赤い実がなると感じいいからって、グランベリーを植えたんです。

あと、このあたりも変えて・・・」

 

ご家族と家の関係に

新しい楽しみが、また一つ増えたような気がして

「また寄りますね。グランベリーの実がなる頃に。」

とお伝えして帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノヒロコさん旧邸

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 07:10

 

テレビや雑誌で紹介されるお家を見るときは

こういう家で過ごしたら、自分はいったいどんな人間になるだろうかと想像します。

 

コシノヒロコさん旧邸のKHギャラリー芦屋を見学しました。

安藤忠雄さんの設計で、1981年竣工、84年増築、

ギャラリーとして使うに当たり改築されていると思われますが、

建築当時や増築時の空間構成や意匠も残っています。

 

『住宅』(安藤忠雄著)の中で

「快適な生活からはどんなに離脱していたとしても、

安藤さんの建築空間はファッションデザイナーとしての私に必要なものでした。

冬には家の中でもスキーウエアで過ごさざるを得ない環境でしたが、

あの空間に身を置くことは、感性を研ぎ澄まし、デザインを生み出す活力でもあったのです。」

コシノヒロコさんは、おっしゃられています。

 

写真で見た時よりも実際の空間は、

大きすぎず小さすぎず、親近感を覚えるスケール感でした。

包み込むような安心感と静寂さがここにはあり、

そこに本能を刺激するかのように空から一筋の光が差し込んできます。

 

安藤さんの建築は、

コンクリート打ち放しによる表現方法のみに注目されがちですが

多様化する現代社会においても

心の奥底で人が住まいに求め続ける根源のようなものがここにあり、

これこそが安藤建築の魅力なんだと実感しました。

 

こういう家に住んだら、自分はどういう人間になれるのだろうか

想像を楽しみながら、帰路につきました。

 

 

KH GALLERY:http://www.kh-gallery.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある冬の朝

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 07:08

 

土曜日の朝、北へ向かって自転車を漕ぐ。

御池、今出川、北大路と進むにつれて足の指先の冷え方は増し、

同時に空気も澄んでいくような気がする。

 

北山を越え、狐坂に差し掛かった時、

前方の高校生と同じように立ち漕ぎで超えていこうとするけれど、

途中であきらめ、自転車を押し、宝ヶ池経由で打ち合わせ先を目指す。

 

池の周りをスポーツクラブの男の子達が走り、

地元の人らしい方々が談笑しながら散歩していた。

近くにこういう場所があると、

もっと大らかな人間になれそうで少しうらやましく思う。

 

対岸に目をやると、池には山の稜線と国際会館が映っていた。

ピーンと張りつめた空気に包まれながら

岩倉は、やっぱり冬がいいんだなぁと思う。

市の中心部と比べると、夏は幾分涼しくて過ごしやすいけれど。

 

この心が澄んでいくような空気感を

大切に家に取り込めないかなぁと思いながら、再び自転車を漕ぐ。

訪問先のご家族を思い浮かべながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年賀状だけの付き合いでも

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 06:55

 

今年も年賀状だけの付き合いになるかもしれないけれど、

この時を大切にしています。

年賀状を書くときに、お世話になったあの日のことを

昨日のことのように思い出し

感謝の気持ちが湧いてくるからです。

久しくお会いしていないと

お返事を頂けなくなる方もいらっしゃり、

そのときを潮時とするように心掛けています。

 

今から15年ほど前でしょうか、

会社員時代にお家を建てさせていただいた方と

年賀状のやり取りがありました。

ある時、ご家族に御不幸があり、

それに対してお悔やみのお手紙を送った後、

年賀状が届かなくなりました。

自身に配慮が欠けていたのだろうかと

思い返すこともありましたが、

仕方がないと受け入れていました。

 

それから数年後の今年、

その方から年賀状が手元に届きました。

ご家族の仲睦まじい写真入りの年賀状。

 

当時の事を思いだしながら、

お家の住み心地を尋ね、自身の近況をつづる。

 

ただそれだけのことなのですが、

今年はいい年になりそうと期待が膨らみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬至の日に

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 11:12

 

冬至の日に 棟が上がりました。

ご家族の憩いの場となるような離れです。

 

棟上げを眺めていると、ご主人様が

2年半前ぐらいに、

家族にとって憩いの場を造れないかって考えて・・・

でも上手く進まなくって・・・

一旦計画が頓挫して・・・

昨夏に佐野さんとお会いして、

今日という日を迎えられて・・・

あの頃の事を思い出すと、

家族一人一人の言うことも

ずいぶん変わりました・・・」

 

棟上げを見ながら、

今までの足取りを確認するように

ぽつりぽつりとお話頂きました。

歓びをかみしめ、想像していた空間を自身の体で確かめながら。

「この感じなら、○○も出来るし、○○も出来る・・・!」

 

ご家族それぞれの想い、そして変わりゆく想いまでをも

受けとめられるおおらかさが、空間にあればと願いを込めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM